www.henrygreenline.com

実際にパソコンの。前で、止まることなく変化しているマーケットを見ると、何やら取引をしなければいけないという思いに追い立てられる場合も多かったりします。だけど、ぼんやりした考えで売り買いをするのは、間違ってもしてはいけませんご存知の通り、相場は年中、いずれかの国の市場が変化しているし、相場も常時、動いています。しかしながら、頻繁に売買を繰り返しているとその回数だけ損をする危険が上がってしまいます。当然、注文の回数を増やすことによってだんだんと勝利する可能性が半々に近づくのは事実です。でもこの事実は「明確でないインスピレーションでエントリー」してしまうこととは話が異なります。取引回数を重ねるとは自ずから「ここは勝てる」と思えるチャンスを得たうえでの売買回数を積むという事を意味します。特段の理由も無く、ひっきりなしに注文を積むのとははっきりと違う。マーケットの戦いに負けないためには、自ずから思案してメリハリをつけることが大切です。「ここがチャンス」と思った相場の時には思い切ってポジションを積み増して、徹底的に儲けを追求します。「だいぶ悩ましいマーケットでどう上げ下げするのかわからないな」と感じた時は潔く諦めて所持ポジションをひとつ残らず諦めて何もせず静観します。そのくらいのリズムをつけた方が、最後に売買は勝てます。為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。実にその通り。FXとは、いつもポジションを持つことがすべてではなく、どれも保持せず待っている事も場合によっては取引です。それならば、どのタイミングで休みどきなのでしょうか。第1に言われるのが先述した通り、現在の市場が難しいときです。今からドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は、間違って判断すると、自分で考えた物語とは逆に相場が推移してしまい損する事になってしまいます。だから、こうした状況ではポジションを閉じ、何もしないで様子をみるのがいいと思います。2番目に、己の体の調子が思わしくない時です。体の調子と相場に関係しないと考える投資家もいますが実際には大きく関係がある。体の調子があまりよくなければ相場の肝心な局面で、正確な決定をする事が難しくなります。関心がわかない時は、相場から離れる事も肝心な事です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.henrygreenline.com All Rights Reserved.