www.henrygreenline.com

換金目的にて電車の回数券等をいっぱい決済してしまうこと→クレジットキャッシュ化サービスを使わずに、自ら換金する目的でカードで決済をすることも同じ事です。お金に変える方法を目的としたクレカの使用は、クレカの規約違反扱いになってしまうことからです。大量の新幹線等の旅券や切手購入における決済は、最悪の場合現金化する目的なのではないか??などと睨まれるケースなどが考えられるため注意が大切です。さらに、利用時にキャッシング枠というものが上限になってしまっている利用者の場合には回数券などを購買しようとするだけであってもカードの発行会社の確認の連絡が入るという場合があるから経済状態が悪い時の決済についてはさせないようにされているようです。経済的に窮している時において試みる手段は大抵の場合同じようなことなのでしょう。クレジットカードの発行会社に対してよくない使い方をする)昔流行っていた『永久期間』など、クレジットカード会社に対して全く利益となることのない正当でない利用を行った場合カード会社により強制没収となることというのもあります。Webで出ていた購入ポイントの不正な搾取のような一般に知れ渡っていない情報なんていうがあっても、これらの行為というものは全部クレジットカードの利用規約違反なのだからどんな理由があっても利用しないようにしてください。強制退会となってしまった契約情報については信用機関へ流れる→カードを強制失効させられてしまった場合でも、別のクレジットカードというのは使用可能んだから少しくらいいいのではないか?と思ったあなた、現在の情報化社会ではその考えは信用を消失する危険もあるでしょう。まず強制退会となってしまうケースの場合においては、カードの会社から入手可能な個人情報に強制退会の情報が通達されるので登録された人の社会的信用はなくなるケースがあるためです。たった1枚であってもカードを強制失効となると以後クレジットカードも審査に通らなくなってしまいますし現在有しているクレジットカードまで失効扱いになる場合もなくはないのです。幸運にも継続使用できる場合も更新時に使えなくなると思われます。何度も何度も記載しましたが強制失効となる利用の仕方はどんなことがあってもなさらないよう健全にクレジットを使って頂きたいと考えています。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.henrygreenline.com All Rights Reserved.