www.henrygreenline.com

自動車の「全損」とはその名が示すように車の全機能が壊れてしまう状況結果的に走れない等車としての働きを果たさなくなった場面で使用されますが乗用車の保険での《全損》は多少同様ではない意味合いが込められていたりします。自動車保険の場合では車が壊れた状況で『全損と分損』という2つに分類され〈分損〉は修理の費用が保険金でおさまる状態を表現しそれとは逆に『全損』とは修復の費用が補償金を上回ってしまう状態を言います。自動車の修理で全損という場面では車の最重要のエンジンに致命的な被害が起きたり、乗用車のフレームが歪んでいたりして修理が不可能な場合、リユースか処分になるのが常識です。しかし、交通事故を起こして販売会社や車の保険会社がこのような修復のお金を見積もった場合にいくら表面的にちゃんとしていて修復が可能である状況でも修理のお金が補償金よりも大きければそもそもなんで自動車の保険にお金を支払っているのか分からないです。このような場合は、《全損》と決めて自動車の所有権を自動車保険会社へと譲渡し保険金額を貰うようになっています。もちろんの事ですがかなりの間乗り続けた自家用車で愛着があり、自費で修復して使いたいとおっしゃる方はたくさんいらっしゃいますから場面において自動車の保険屋さんと意見交換するといいでしょう。自動車の保険ではこういったケースが考えられていて車両全損時諸費用補償特約など全損の時のために特約があるケースが多く万が一自動車が《全損》なった時でも新車購入代金を一部払ってくれるケースもあったりします。更に盗難にあった時の保険の特約をつけている場合盗まれた自動車がどこかへいってしまった場合も『全損』と扱われ補償金が払われる仕組みになっているようです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.henrygreenline.com All Rights Reserved.