www.henrygreenline.com

簡単に言えば、任意保険とは強制保険の自賠責保険とは違って自賠責保険だけでは補いきれない部分の補償を受けるとても大切なものです。これは任意の保険については自動車損害賠償責任保険の上級保険という役割で有用なものですので自動車損害賠償責任保険の支払い能力を超えたときに働きます。それから自賠責保険では物的損害については補償を受けることができないので、その部分をカバーする時には任意保険に加入しておくことが望ましいです。もう任意保険を納付済みの車を廃車にする際は、国産メーカーの車や輸入車などことは関係なく残存金額が還付されます。これは日本の自動車を廃車にする場合も同じことが言えます。自動車損害賠償責任保険、通常加入したままでいるのが通例になっていますが任意保険の場合は皆が加入する保険ではありませんから、キャンセルということになります。また、任意保険をキャンセルしたあとは現段階で 払っている残存金額が返金されるのです。車売却が決まったからといってすぐさま任意保険をキャンセルするのはリスクが高いです。もちろん、できるだけ早く中途解約すればその分還付される保険料は多くなりますが、もし自動車店舗が離れた地域にあって自ら持っていくような時は、任意保険に加入していない状態で自動車の運転をする必要があります。万が一のリスクを想定してこれから自動車の運転をしないと言い切れるまでは保険の解除手続きはすることがないようにしましょう。中古車を買い取ってもらって即他の車を買う場合だったら良いと思いますが、仮に車に乗らないような状態が続き保険に加入している意味がなくなってしまったらこうした任意保険に入っていない時間があると、前に入っていた時の保険の等級が下がり、保険料の額が増額されます。こういったケースでは「中断証明書」というものを出してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」があることで一定期間は契約解除前の保険の等級を引き継いで加入することが可能です。それから13ヶ月以内でしたら発行してもらうことができますのでもし現在中古車を売られていて「中断証明書」という書類を発行されていないのでしたら代理店にその旨をお伝えください。もしも新しくクルマを買うことになって買った後に以前乗っていた車を引き取り依頼する場合は任意保険の契約は一方のみのになってしまします。任意保険の更新ということですから乗る必要がある自動車ならば引き取りまでにはこのことを頭に入れておかなければなりません。さらに任意保険という保険は自動車の種類により額が相当違ってきますから引き取りの際は任意保険そのものを見直す好機といえます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.henrygreenline.com All Rights Reserved.